不動産担保ローン秘伝の技 不動産担保ローンを組む際、高い評価をもらい希望の額を借入するには、 どのような物件を担保にすれば良いのでしょうか?

不動産担保ローンの落とし穴は何ですか?

現在、不動産担保ローンは銀行をはじめ、信販会社や消費者金融業者など、様々な金融機関で扱われております。

取扱い業者が多いからこそ、注意しなければならないことがあります。

不動産担保ローンの特徴は、低金利なことです。

無担保ローンと比べ、担保となる物件を入れることによって低い金利で融資が受けられるのですが、返済期間が長いという落とし穴ともいうべき、デメリットもあるのです。

毎月の返済が抑えられることは、返済をしながら生活しなければならない者にとっては、大変に有難いシステムですが、返済が長くことで招くトラブルも少なくありません。

返済途中には、ご家族の病気、子供さんのお祝いごと、税金の支払いや電化製品や車の買い換えなど、お金が必要になる行事が盛りだくさん!徐々に返済が厳しくなり、借り換え目的で他社のローンを申込んだり、一時しのぎに借りやすい消費者金融で融資を受けるなどの借り癖が付いてしまう方も少なくないとのことです。

これが、低金利で融資を受けられる不動産担保ローンの落とし穴になります。

不動産担保ローンは、不動産を担保に入れて融資を受けます。

返済ができなければ、担保として入れた物件は、戻ってこないのです!自分自身の目で確かめた業者を選び、きちんと返済できる返済計画を立て、その計画にそって返済を開始しましょう。

ご家族を路頭に迷わさないためには、きちんと返済することが、基本中の基本なのです。

万が一、何らかの理由で返済が遅れる場合は、金融機関の担当者に連絡を入れ、相談されることをおすすめします。

Comments are closed.

Post Navigation