不動産担保ローン秘伝の技 不動産担保ローンを組む際、高い評価をもらい希望の額を借入するには、 どのような物件を担保にすれば良いのでしょうか?

不動産担保ローンの担保で、評価の低いものとは?

不動産担保ローンを申込む際、悩むのが、担保に入れる物件ではないでしょうか?不動産担保ローンは、自分が所有する不動産を担保に入れ、その担保に見合った金額の融資を受けることができるローンになります。

担保に入れるということは、担保に入れる評価額が高ければ、それだけ多額の融資が受けられるということになるのです。

ただ、市街地調整区域や市街化区域などに建設された不動産は、担保にすることが難しい場合や、希望通りの融資が受けられないなどのケースが多々あります。

不動産担保ローンを組んでも、何らかの理由で返済できなくなったとき、融資を行った金融機関は、その物件を売却しなければなりません。

売却できないときのことを考え、融資額が決定されていることを知っておきましょう。

因みに、市街地調整区域、市街化区に建設された建物は、評価が低くなっております。

また、築年数が長い古い建物や道路に面していない土地、殺人や傷害などの生々しい事件があった場所に近いエリアにある場合は、担保としての価値が低いかもしれません。

最後に、不動産担保ローンを組んだときは、返済計画をしっかりと立て、その計画にそって計画的に返済することをおすすめします。

収入と返済のバランスは、不動産担保ローンのような長期ローンの場合には、ライフプランにおいて、大きなウェイトを占めております。

低金利であっても、毎月の返済となれば、負担に感じることもあると思います。

返済年数、返済方法について、家族と向き合い、納得された上で申込むことをおすすめします。

■参考サイト⇒不動産担保ローンとは

Comments are closed.

Post Navigation