不動産担保ローン秘伝の技 不動産担保ローンを組む際、高い評価をもらい希望の額を借入するには、 どのような物件を担保にすれば良いのでしょうか?

不動産担保ローンで、高い評価をもらうには?

不動産担保ローンを組む際、難なく審査を通るためには、担保価値の高い物件が必要になります。

不動産担保ローンとは、その名称のとおり、保有している不動産を担保に入れ、お金を借りるローンになりますので、担保物件の価値によって借りられる金額が決まるのです。
(関連サイト⇒ABCサニー

担保を入れるなどの言葉は、通常の生活ではそうそう使用するものではありません。

聞きなれない方もいらっしゃると思いますが、簡単にいえば、借金のかたに差し出すという意味になります。

もしもの場合・・・この場合は、不動産担保ローンを組んだ顧客が返済できなくなったときのことをいいますが、返済できないときに借金のかたに持っていかれるのが、担保物件になります。

また、銀行は、担保価値=購入価格と考えますので、担保に入れる物件の価値が高ければ、自ずと評価が高くなり、希望に近い額を借入できますが、担保価値が低い場合は、借入額も低くなり希望額の借入は困難になるようです。

こう考えますと、銀行などの金融機関の審査ポイントは、担保不動産の評価によるものが大きく、借主の年収、個人資産、今までの返済状況などは、二の次となっているようです。

マンションを建てたばかりの新米借主でも、担保となる不動産の評価が高ければ、不動産担保ローンを組むことができるということです。

築年数が短かろうが、道路に面した場所に物件があろうが、余り大きな問題ではないようです。

高い評価をもらうには、担保とする物件の評価が高ければ良いという結果となりました。